女性

目の下にあるたるみを解消する~ビューティー効果スマイル~

種類によって異なります

鏡に写った女性

色素の沈着により

目の下にクマがあると、老けて見えたり疲れて見えたりするので悩んでいる人も多いと思います。目の下のクマと言えば睡眠不足によるものと考えがちですが、クマの種類によって原因は様々で、対処法も違ってきます。目の下のクマには茶グマ、青グマ、黒クマの3種類があります。茶グマの原因は色素の沈着で、表皮にできるものと表皮の内側にある真皮にできるものの2種類があります。表皮にできる茶グマは、目をこすったり紫外線を多量に浴びることで、まぶたがダメージを受け色素の沈着が起こりやすくなります。対処法としては、日常的に美白効果のあるビタミンCを含んだ化粧品を用いたり、病院でメラニンの産生を抑制するハイドロキノンを含んだクリームを処方してもらうと良いでしょう。真皮にできる茶グマにはレーザー治療が効果的です。

血行不良と筋肉の衰え

青グマの原因は血行の不良です。目の周りを通る毛細血管中の血液の流れが悪くなると、薄い目の下の皮膚から毛細血管が青っぽく透けて見えるようになります。これが青グマで、ストレスや疲労、睡眠不足などが原因とされています。また、冷え性を持っている人がなりやすく、パソコンを長時間使用することも血行の不良につながります。血行を良くするためにマッサージなどを行うことが青グマの対処法となります。マッサージは指で目の周りをなでるようにして行いますが、クリームを塗って滑りを良くし、あまり力を入れず優しくするのがポイントです。黒クマの原因は目の下のたるみが原因です。加齢によって目の下の筋肉が衰え目袋の状態になることで、その下がへこみ影ができてクマになります。黒クマの予防には、エクササイズなどを行い顔の筋肉を衰えさせないことが重要です。